BLOG

坂内院長のブログ

ライポライフについて 私見

少し前から新しい脂肪吸引器が登場していますね! その名も

”ライポライフ”

特徴としては、①FDA認可(脂肪注入目的)、②脂肪吸引後の生存率95%、③少ないダウンタイム、といったところでしょうか?

脂肪豊胸のリーディングクリニックと自認している当クリニックとしては見過ごせないと思い、自分も以前、業者の方にお会いし、お話を伺ったり質問したりしたことがあります(結局導入は見送りましたが、理由は後述します)。

また、最近よく意見を求められることもあるので、純粋にアキーセル脂肪吸引器と比較として私見を述べたいと思います(利益相反はありません)。

        アキーセル               ライポライフ

FDA認可     あり                  あり
生存率      90%以上                 95%

ということで、ライポライフの方が若干、優れている気もしますが…。 

(注)アキーセルもFDA承認機器でした💦。お詫びして訂正いたします。ということは、ライポライフが唯一の脂肪注入のFDA認可製品ではないことに!

定着率は変わらないと予想

されます(理由は後述)。


実物を見て気になったのは採取容器とカニューレの穴の大きさと形状。

孔の大きさ       極小    普通よりやや小さい
孔の鋭利さ (組織を傷めない)  (組織を傷める)

ということなので、このことから起こることとして

術後の痛み     極小    従来よりは小さい
出血        極小    従来よりは小さい

ということで、

術後のダウンタイムはアキーセルの方が少ない

ことが予想されました。


また、これらの結果から

吸引時の不純物の混入  極小   従来よりは小さい

ので、

しこりのリスクもアキーセルの方が低い

ことが予想されました。


また、脂肪吸引で採取する容器に関しても気になり、それぞれどのような容器に吸引するかというと

回収する容器  シリンジ      1Lの容器
                        (真空)    (空気に触れる)

ということで、折角取ったばかりでは95%の生存率だとしても、

空気に触れて脂肪が酸化ストレスで傷む

から、アキーセルとの比較で仮に5%近くあっととしても

脂肪の定着率は、さほどアップしない

ことが予想されました!


以上より、

脂肪豊胸に一番適した脂肪吸引は、アキーセル脂肪吸引器をシリンジ法で行うこと(当院限定のオプション治療)!

という結論に達しましたので、今回自分はライポライフの導入を見送りました。


但し、従来の脂肪吸引器と比較すると、ライポライフも十分なアドバンテージはありそうですから、ライポライフも脂肪吸引器としては優秀、いい脂肪吸引器だと思いますよ!


このように、脂肪吸引一つとっても、いろいろな治療に適・不適がありますから、

脂肪吸引は、なんでも同じわけではない!

んですね!



余談ですが、この辺りの検証や違いを比較できる知識や経験がないのに、

脂肪吸引器はどれも変わらない

とか、

脂肪吸引器をグレードアップするのは、単純にお金儲けのためだけだ

と他院を攻撃する輩は、

自分の知識と経験がないことを見事に露呈

するとともに、

人間としての品格

もバレてしまいますねー。可哀想に…。

記事一覧へ