BLOG

坂内院長のブログ

いろいろ詰まっている症例 (1回の脂肪豊胸でAAカップからトップが6cm上がり、Bカップになったケース)

いろいろ詰まっている症例 (1回の脂肪豊胸でAAカップからトップが6cm上がり、Bカップになったケース)

一見なんてことない症例写真の比較ですが、この症例、かなり難しい症例で、色々なことを教えてくれる写真なんです!

まず乳腺の発達の仕方が特徴的で、乳房下溝が4cmと非常に短く、それでいてAAカップでありながら高さはあります。全くないというよりは、小さなコーンが乗っている感じ。

これを無造作にコーンの真下に注入してもバージスラインは上手く広がらず、自然なバストは出来上がらないんですね。

これをBANNAI式オリジナル3D注入法でバージスラインを作り直し、今回のケースでは4.0cm→7.0cmと3.0cmも広く作り変えましたが、これは普通出来ないんですよ!絶対に!

それで7.0cmになると下乳が出来て、とても女性らしいバストになります!

そして下乳が出来ても乳首は下を向かないどころか、下向きが真っ直ぐに上を向いていますよね? 

アンダーを下げて下乳を作った時に乳首が下を向くと勘違いしている人(患者さんも豊胸をメインにしているドクターですら!)がいますが、これも間違いです!

あとは片側200ccくらいでも、このバストを作ることが出来たこととか、

定着もよく、6cmもトップが上がってAAカップがBカップになったとか、

その他細かいことも色々ありますが、大きなポイントはここですね!

この感じのバストがこのように手術出来たら、それは上手いです! 見た瞬間に、自分じゃなきゃこういうオペは出来ないから、うちでやった方がいいよー、と思うのですが、この方はご縁がありました。

たかが脂肪注入豊胸、されど脂肪注入豊胸!

豊乳術を極める道は、深いです!


記事一覧へ