BLOG

坂内院長のブログ

おっぱい(乳腺)の直径が、倍に!

おっぱい(乳腺)の直径が、倍に!

バストの大きさや形は、本当に色々あります…。


普通に成長しなかった人とかが豊胸を受けることが多いのですが、人によっては乳腺の直径が大きくならないで、高さだけ成長したような乳房になることもあるのです!

例えば、日本人の下乳の長さは平均6cm くらいで、小ぶりでも 5cm くらいはあり、それに応じて高さもなく、全体的にバランスよく小さいのが普通なんですがー。

今回のケースは高さはある(写真左が術前)ものの、下乳が3.5cm しかなく、チューブのようなバストですね。

いわゆる管状乳房の一種なのですが、この場合の豊胸のコツとしては、高さはある程度出ていますから新しくバージスラインを作り込まなくてはいけません!


ですから、どこのクリニックへいっても

”脂肪豊胸ではダメ!絶対に上手くできない! このケースはシリコンバックを入れるしかない!”

と言われてしまいます…。


それでも普通の術者が、なんとか脂肪豊胸でバージスラインが広がるように脂肪を注入してみても、それは所詮水平注入法ですから、全然新しいバージスラインはくっきりとせず、高さも出ないものなのです💦

ところが!

BANNAI式・オリジナル3D注入法(最近はより改良された、シン・3D注入法)でバストアップすると、

下乳の距離が 3.5 cm → 7.0 cm とバストの直径が倍になり、バージスラインもご覧のようにくっきりと仕上がりました!


こうするとバランスがよくなり、計測以上に大きく見えるし、乳首も上を向く(デコルテに入れると乳首は下を向き、下乳を作ると乳首は上を向くのは、常識です)ようになります!

患者様もそれがわかっていて、手術後ご自分のお胸をみた時には、かなり感動して頂けました! (写真右上が術直前→写真右下が術直後)

このように、新しくバージスラインを自由自在に作れるのは、BANNAI式・オリジナル3D注入法だけ!ですので、どうせ脂肪豊胸して半永久的に残るなら、綺麗なバストで仕上げてもらわないと損しますよー!

手術は技術職ですから、どこでやっても結果は同じじゃない!

豊胸するなら、やっぱり銀座3丁目・BANNAI美容クリニック院長の坂内でしょ!


記事一覧へ