BLOG

坂内院長のブログ

今日は九州から20代前半の脂肪豊胸!

今日は九州から20代前半の脂肪豊胸!

脂肪豊胸の専門クリニックとして、日本全国から御指名を受け、ご来院頂いている当院、銀座3丁目・BANNAI美容クリニックですが、今日は

九州

からのお客様でした!

が、実はこのお客様、今日お会いするのが初めてでした😅


ん?豊胸手術は事前にカウンセリングや採血が必要なんじゃないの?

ということですがー


種明かしをすると、カウンセリングはWebで済ませ、血液検査は地元のクリニックで行って頂き、すべてご自宅で段取りを整えた上で、本日初受診で手術をしました!

それで明日再診して抜糸もして帰宅しますので、

1泊2日の初受診で、抜糸まで完了の脂肪豊胸手術

になりますね✨

これもZoomなどの発達とアキーセルで出血が少ないからこそ出来るワザです。

Webカウンセリングに関しては、こちら ↓


初診で遠方から日帰り(や1泊2日)で脂肪豊胸する方法は、こちら↓


そしてそして!

肝心の手術ですが、これも完璧✨ (冒頭の写真をご覧下さいね)

一般に20代前半で授乳歴もない方は皮膚も固く、

”脂肪では大きくならないからシリコンバックしかない!”

”感触を良くするためには、脂肪と併用のハイブリット豊胸がいい!”

と言われたり、

また脂肪豊胸でやることになった場合でも、

”せめてビブラ(対外式服拡張器)をつけないと皮膚が伸びないからダメとか”

”バージスラインをきちっと作らないといけないから糸でバージスラインを作らないとダメ”

とか、他のクリニックでは言われるかもしれませんが、

本物の3D注入法✨

である、

BANNAI式オリジナル3D注入法

にかかれば、これらはすべて不要、あるいは間違いだと言うことがわかります!

写真で一目瞭然ですねー!

直後にこれだけしっかりと変化が出せていれば、仕上がりも楽しみです!


またここで注意しておきますが、

3D注入というのは、ただ先が曲がったカニューレを使えば、それで簡単に出来る手術ではない!

のです!

また写真の様に元々のアンダーの位置を変えてあげないと、バランスよくバストアップすることは出来ないのですが、これをきちっと出来るのがうちのオリジナル3D注入法の成せる技ですねー。

今回は 5.0cm を 7.0cm に作り替えています! 

バストアップの時の乳房直径の変化については、こちら


ですからもし、当院以外で ”3D注入をする!” と言われても、

カニューレ自体も、カニューレの使い方も全く違います

から、

自ずと結果も全く違いますよ!

当院だけのオリジナル3D注入法については、こちら ↓


知れば知るほど奥が深い脂肪豊胸のバストメイク法!

後悔がないためには、やっぱり坂内(BANNAI)かなー?


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 お得なモニター手術の情報は、こちら

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

記事一覧へ