CASE

症例

超レア! 正しいデコルテの作り方!(連続写真)

何もしない状態 何もしない状態 谷間を寄せる 谷間を寄せる 谷間が完成! 谷間が完成! デコルテもふっくら!上と比べてね! デコルテもふっくら!上と比べてね!

色々なところで主張してきましたが、谷間やデコルテは大きなバストを寄せて上げて初めて形成されるものです!

大きなバストは重い → 重力が働き、ぶら下がる → 脇にくびれが出来る → 巨乳ではボディラインのS字が強調される(この時は乳腺が下に引っ張られるので、谷間もデコルテも出現しない!)

という自然な結論になりますが、これが(他の美容外科医を含む)素人さんには、わからないんだな~!(世間の常識は、自分の非常識です)

もし自分が自分だけの常識を捨てて他と同じ作り方をしていれば、他と同じような症例写真になっちゃいます・・・。 

この自分の常識が一般の方の常識(今はまだ世間の非常識で、誰も気づいていない)になれば、もっと綺麗な美乳の人たちが増えると思うので、それが自分のミッションの1つでもあります!

どうせ半永久的にバストアップするのなら、ただ大きいだけじゃなく、ずっと綺麗なバストでいたくありませんか?

それで最初の写真は、3カ月以上経過し見た目では殆ど完成した状態で、トップが5.5㎝アップし、B70→D70と2カップ以上アップしています。素敵ですね✨

それで、このモニター様にスペシャルな写真を提供して頂きました! サイズがDカップでとっても美しいバストで、谷間とデコルテを作る動作を連続写真で撮影させて頂きました! Dカップの人が何もしない状態と、谷間やデコルテを作る変化がよくわかります!このとってもレアな写真は凄く説得力もありますので、もうここでデコルテに注入する愚は犯さないようにしましょう!

以前の症例写真を見るポイント(正面編)を覚えていますか?

①バスト外側にS字カーブが認められますね? それを出すために、②脇の下の元々のくびれは残し、③外乳が横に張り出していますね(外乳を作った方が離れ乳にならないですよ!これも世間が非常識)。④下乳の面積・体積も十分にアップし、⑤バージスラインもくっきり!

この5つが揃うのが美乳の証!(★★★★★で表現してもいいかもしれませんね!)

次に寄せ始めると初めて谷間が出来始め・・・

ある程度いくと、柔らかい脂肪による谷間が完成し

それを上に上げると、デコルテもふっくら! 

何度も言いますが、この時の状態をイメージして脂肪なりシリコンバックを注入するから不自然でとってもへんてこな豊胸手術を受ける(手術する)ことになるんです!

お客様も美容外科医も、目指すのは最初の何もしない状態(★★★★★)のバストのシルエットです!


ただこれも、残念ながらBANNAI式オリジナル3D注入法じゃないと、ホント難しいので・・・

豊胸手術はどこで受けても同じ結果じゃありません!

つまりドクター選びが大事なので、それをわかっているから前職でもスタッフからの指名もNO.1で、特に女医さんからの支持が大きいんだなー!

施術データ

症例一覧へ