CASE

症例

20代 授乳歴なし <左右差解消>

手術前 手術前 手術直後(座位) 手術直後(座位) 手術直後(谷間が出来ました!) 手術直後(谷間が出来ました!) 手術後3日目 手術後3日目 術後1ヶ月 術後1ヶ月 術後3ヶ月 術後3ヶ月 ベクトラ 高さ比較 ベクトラ 高さ比較 ベクトラ 術前と6ヶ月比較 ベクトラ  術前と6ヶ月比較 術後6ヶ月 術後6ヶ月

20代  授乳歴なし

特にバストの左右差が気になる、ということでご来院されました。

一般的にバストは左右が同じ大きさと言うことはなく、どちらかが大きいことが多いのですが(左が大きいことの方が多いですね)、確かにこの方の場合は左右差が顕著ですね。

この方の場合、BMIが16.1とかなりの痩せ型で、まず脂肪を取るのも大変で💦、しかも左も大きくしつつ左右差を解消したい、というご希望でしたので、なかなか難易度も高めでした。

そこで、出血が少ないアキーセル脂肪吸引器で、大腿全周から丁寧に脂肪を採取して、注入出来る脂肪を432ccなんとか確保し、右に270cc、左に162cc注入してバランスを整えました。

直後の画像で、大分左右差が整い、美巨乳になりましたね!(残念ながら、これ全部は残りませんがー💦)


その結果、高さの左右差も1.6cmから0.8cmへと縮小し、よくある左右差と言える範囲になりました。

またバージスライン(ラベンダー色の線で表されていますね)も、ぱっと見殆ど同じ大きさになっていますね!

乳房の直径をベクトラ でみると、術前 右10.7cm、左12.3cmと1.6cmの差がありましたが、術後半年で右12.9cm、左13.1cmと殆ど同じ直径になっています。

トライアングル(赤い線)も歪な三角形が大分正三角形に近づきましたが…

元々1.5カップくらいの左右差でしたので、1回の脂肪豊胸手術では(しかも大きいバストにも注入していますから)、ここまでが揃えるのは限界ですね💦。


もう一度手術をするとさらに整えることが出来ますし、実際この方も2回目をご希望だったのですが、さすがに現在では脂肪が十分取れない可能性が高かったので、体重が増えた時にまた検討して頂くことになりました。


このように、脂肪豊胸でもバストの左右差を整えることは可能なのですが、これ実は結構難しいのです!

単純に注入する脂肪の量で左右差をつければいいじゃん?小さい方にたくさん脂肪さえ入れればー!

と思うかもしれませんが、それは素人考えで、それだけでは絶対に左右差が整ってこないんです!

まずそのままでは、皮膚が固くて十分に脂肪を注入出来ません。(ブラバやビブラを使っても、ボチボチですね)

それで右の乳房の直径を10.7cmから12.3cmまで大きくするためには乳房の半径を1.6cm大きくしないと無理なんですが、これもその拡張するエリアに無造作に脂肪を注入しても全然膨らんで来ないと断言します! 

皮膚がかたーく癒着していますから、シリコンバックを入れるつもりで剥離出来ないとこのように作るのは難しく、例えば糸で新しくバージスラインを作ろうとしても上手くいかないでしょう!

この辺りは、自分が学会でも発表したBANNAI式オリジナル3D注入法でバージスラインを作り替えることが、唯一の解となります!(最近、自分と同じ曲がったカニューレでエセ3Dが行われているそうですが、曲がったカニューレを使っても、その使い方を知らないと出来ないですよ!この辺りはテクニックなんですから、技術と経験が伴わないとね!)


ここに他院との違いの秘密があるのですが、このように脂肪豊胸は脂肪を出来るだけ詰め込んで、容量でバストアップするものではないのです!

定着可能な一定の量を超えてたくさん注入しても結局残らないのですから、必要最小限(体格にもよりますが、大体片胸200cc程度)でバージスラインを作り直し、上手に分散して注入すれば、このように綺麗にバストアップ出来るのです!

この方法が、BANNAI式オリジナル3D注入法で、2019年に学会でも発表させて頂きました。

この方法だと、通常よりも少ない脂肪でも、このように効率よく大きく、しかも綺麗な形でバストアップすることが出来るんです!

どうせ半永久的に持つ訳ですから、専門にお任せ頂いて、綺麗なバストにした方がお得ですよ!

豊胸するなら、やっぱり銀座3丁目・BANNAI美容クリニック院長 坂内にお任せ下さい!

施術名:豊胸・豊胸術
治療内容:自分の脂肪を太腿から吸引してバストにその脂肪を脂肪を注入します。
価格:647,500〜1,821,700円
リスク・副作用
・定着率には個人差があります(万が一1カップも変わらなければサイズ保証もあります)
・胸に内出血・腫れ・授乳時のような痛みがます(2、3週間位。個人差あり)
・稀に感染(腫れ・赤み・発熱・痛み)を起こすことがあります
・数ミリの傷跡が残ったり、体質により傷が盛り上がることがあります
・脂肪吸引部(主に太もも裏)に内出血・腫れ・筋肉痛のような痛み・皮膚が一時的に硬くなる、色素沈着がでる、凹凸が出ることがあります(修正の保証あり)
・胸にしこりが出来ることがあります(それが悪性化することはありません)
・手術後早期に麻酔の影響で吐き気、嘔吐、頭痛などが起きる人もいます
・脂肪吸引部に圧迫の影響で痒み、赤みが出ることもあります

【施術名】BANNAI式オリジナル3D注入法
【治療内容】脂肪注入時にオリジナルの曲がったカニューレを使用してバストに注入する施術。
【費用】157,500〜210,000円
【リスク・副作用】国内未承認・立体的に形成できる程度には個人差があります。・胸に内出血・腫れ・授乳時のような痛みがます(2、3週間位。個人差あり)・主に皮下、乳腺下、大胸筋内に注入しますが、稀に乳腺内に迷入する可能性もあります。

【施術名】アキーセル脂肪吸引
【施術内容】次世代の高周期振動技術を採用し、脂肪を吸引する手術です。
【費用】230,000〜1,510,000円
【副作用・リスク】腫れ・痛み・発熱、内出血、貧血、皮膚が一時的に硬くなり、ひきつれる、凹凸になる、予想より細くなっていないと感じる、皮膚のたるみ、一時的な皮膚近くの鈍麻、色素沈着、頭痛・吐き気・嘔吐などを生じることがあります。(FDA承認機器、国内未承認。入手経路:個人輸入。同様の国内承認機器なし。諸外国における安全性等にかかる情報では、重大な副作用は報告されていません。2020年8月現在)

【施術名】ウルトラZキャビテーション術
【施術内容】超音波を発生し、それによって発生するマイクロバブルで脂肪をほぐし、脂肪吸引を補助する機械です。
【費用】100,500〜150,000円
【副作用・リスク】腫れ・痛み・発熱、内出血、貧血、皮膚が一時的に硬くなり、ひきつれる、凹凸になる、予想より細くなっていないと感じる、やけど、皮膚のたるみ、一時的な皮膚近くの鈍麻、色素沈着、頭痛・吐き気・嘔吐などを生じることがあります。(国内未承認。入手経路:個人輸入。同様の国内承認機器なし。諸外国における安全性等にかかる情報では、CE、KFDA取得済み。現在のところ重大な副作用は報告されていません(2020年8月現在)

【施術名】シリンジ法
【治療内容】脂肪吸引時に直接シリンジ(注射器)に脂肪を採取する脂肪吸引の方法です。
【費用】100,500〜150,000円
【リスク・副作用】空気に触れさせない程度には限界があります。・定着率が必ず向上することを保証するものではありません。

施術データ

症例一覧へ