COLUMN

〜医師監修〜脂肪豊胸に関するコラム

脂肪豊胸手術は、何回受けることが出来る?

回数に限度はなく、脂肪さえ取れれば何回でも受けられます!

脂肪豊胸手術は、1回だけしか出来ないと思っていませんか?

実は脂肪さえ取れれば、何回でも繰り返すことは可能なんです!

そうするとその度に足し算でお胸が大きくなっていきますから、

異物を使わず100%自分の組織で安心安全!かつ触り心地や動きなども自然なお胸になれる脂肪豊胸手術の、数少ない弱点である

”一度に大きく出来る脂肪豊胸の限界”をカバーすることも可能になるのです!


例えば、1回の脂肪豊胸手術で片胸200cc注入して、半分の100ccが定着したとします。これだと体格にもよりますが、1〜1.5カップの間でサイズアップする感じで、ちょっと物足りないと思う人もいらっしゃいます…。(勿論、250ccくらい注入して150cc程度残る人もいますが、ここでは低めに設定します)

しかし、2回目の手術をして同様に100cc残った場合、前回の100ccと合わせて200ccサイズアップしたことになりますから、これだとシリコンバック200cc入れたことと同じになりますよね?

そして3回目も同様に100cc残った場合、最初から合計で300ccはサイズアップしていますから、Motiva 300ccなどのシリコンバックを挿入したと結果は同じになります!(最初から3〜4カップアップですね)

これが上手く150ccずつ定着したら、2回で300ccのシリコンバック分大きく出来、3回なら450cc相当のシリコンバックを入れたサイズと同じ大きさになれる訳ですから、夢も膨らみますね!

実際に脂肪豊胸手術を3回で5.5カップアップし、BカップからGカップ超えを達成した人もいらっしゃいますよ。

過去最高記録は、6回の脂肪豊胸手術を受けた人も!

毎回少しずつ大きくし、お互いに気づいたら6回目という方がいました。(この他にも5回、4回という方も結構いらっしゃいます)

この方の場合、最終的にお胸が女性の顔くらいの大きさになっていました。

”ハワイで水着を買おうと思ったら合うサイズがなかった”

とも仰っていましたし、とても印象深いケースでした。

では、2回目の脂肪豊胸を受けるタイミングは?

もし2回目の脂肪豊胸を受けたいと思ったら、期間はどのくらいあけたらいいか? 当院で推奨するタイミングは ”半年後” です。

理由は、術後2ヶ月くらいの完全に定着していないで再度脂肪注入を行うと、脂肪壊死のリスクなどが高まることが懸念されるためです。

脂肪豊胸手術はあくまでご自分の脂肪移植手術であり、ヒアルロン酸のように無生物の製剤を追加するのとは訳が違います。

早く大きくしたいという気持ちはわかりますが、もし脂肪壊死を起こして洗浄&除去するとなると、2回目の手術だけでなく1回目の手術も無駄にしてしまいますから、焦らないようにしましょう!

複数回脂肪豊胸手術を受ける上で、デメリットはある?

基本ありませんが、強いて言えば

①複数回受けるのに十分な脂肪がない人もいる(←痩せている人は太らないといけない)

②その都度、手術費用はかかる

ということで、脂肪豊胸手術を2回、3回と複数回受けることができるのは、ある意味 ”選ばれた人” になるわけです。

なんとか手術コストを下げる方法はある?

当院にもモニター制度というのがあって、顔出しなしで定価の30%程度コストダウンして手術を受ける方法があります。

こちらは、きちんと規約さえ守って頂ければ、2回目以降もモニターとして手術を受けることが可能ですので、予算をセーブすることも可能です。

また、一部2回目割りがあるオプションもありますので、相談してみて下さいね。

2回脂肪豊胸手術をしたケースは、こちら

このコラムを監修したドクター

院長 坂内誠
銀座3丁目・BANNAI美容クリニック 院長 坂内 誠

保有資格

医学博士/美容外科専門医

経歴

  • 1995 新潟大学医学部医学科卒
    新潟大学医学部附属病院 外科勤務
  • 1997 新潟大学医学部大学院外科学1入学
  • 2001 同上卒 医学博士取得
  • 2006 大手美容外科入職
    都内大型院の院長を務め、グループ内の年間脂肪豊胸手術件数全国トップを毎年記録
  • 2020 銀座3丁目・BANNAI美容クリニック開設 院長に就任

記事一覧へ